「いいね!光源氏くん」,画像

NHKドラマ よるドラ

いいね!光源氏くん(NHKドラマ)再放送は?あらすじ・キャストについても

千葉雄大さんが主演を務めるNHKのよるドラ【いいね!光源氏くん】の再放送情報と物語のあらすじ・キャストなどについてご紹介しています。

こんな方におすすめ

  • 【いいね!光源氏くん】再放送情報を知りたい方
  • 【いいね!光源氏くん】あらすじ・キャストを知りたい方
  • 【いいね!光源氏くん】原作者を知りたい方

スポンサーリンク


『いいね!光源氏くん』再放送はいつ?

NHK総合で放送のよるドラ【いいね!光源氏くん】の再放送について。

 

【いいね!光源氏くん】第一絵巻の再放送は

再放送予定日

2020年4月11日(土)

午前1時05分~午前1時34分

 

第二絵巻の再放送は

2020年4月18日(土)

午前05分~午前1時34分

 

最終絵巻の再放送日は

2020年5月30日(土)

午前1時00分~1時29分(金曜深夜)

NHK総合

 

第三絵巻以降も同じように放送翌週の午前1時00分から再放送があります。

午前1時00分から再放送されますが、金曜日の深夜なのでご注意ください。

 

また、「再放送を見逃してしまった!」という方は、U-NEXTで見逃し配信があるのでチェックしてみてくださいね。

>>U-NEXT公式サイト(31日間無料)

 

『いいね!光源氏くん』の動画を0円で観る方法!1話から最終回まで⇓

いいね! 光源氏くん動画の視聴方法,画像
いいね!光源氏くん(NHKドラマ)動画の0円視聴方法!見逃し配信1話~最終回まで

NHK総合の人気ドラマ枠「よるドラ」に千葉雄大さん主演の『いいね!光源氏くん』が登場! ここでは、よるドラ『いいね!光源氏くん』の動画を0円で視聴する方法と見逃し配信を1話から最終回(最新話)まで観る ...

続きを見る

 

『いいね!光源氏くん』放送日

よるドラ【いいね!光源氏くん】の放送日です。

2020年4月4日(土)スタート

NHK総合

午後11時30分~午後11時59分

毎週土曜日 放送

全8回

 

『いいね!光源氏くん』あらすじ

「いいね!光源氏くん」,画像

よるドラ【いいね!光源氏くん】のあらすじです。

【あらすじ】

2020年4月4日(土)放送

第一絵巻「平安のいけめん現る?」

藤原沙織(伊藤沙莉)は会社から帰宅した週末、非日常の解放感に浸るためバリで買ったすだれとお香をセットしてうたた寝していると、突然すだれを潜(くぐ)って昔の衣装をまとった男(千葉雄大)が現れる。

沙織は不審者と思って警察にも来てもらうが、尋問中、男がイケメンで平安時代の扮装(ふんそう)をしていることから、ふと“光源氏”を思い出し、その名前を口にする。

男はさも自分が光源氏といわんばかりに沙織に抱きつくが・・・・

 

2020年4月11日(土)放送

第二絵巻「ひもなのに朝帰り?」

沙織(伊藤沙莉)が会社に行ってる間に妹の詩織(入山杏奈)が家にやって来て光源氏(千葉雄大)と遭遇する。

光は驚愕(がく)するが、彼女が沙織の妹だとわかり光は詩織に誘われて街に出かける。

仕事が終わるや否や速攻帰宅する沙織。

光がいないので心配するが詩織と共に帰ってきた二人にプリクラ写真を見せられて、あぜんとする。

詩織に「恋人なの?」と聞かれて否定するものの、同棲していることにかわりなく適当にごまかすが…

引用元:https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/hikarugenji/html_hgk_story.html

 

2020年5月23日(土)放送

最終絵巻

【光くんばいばい?】

光源氏(千葉雄大)は沙織(伊藤沙莉)との気まずい空気を何とかしようと、中将(桐山漣)を誘って居酒屋で酒をともにする。源氏物語の平安の世界では、契りを交わしたすべての女人を幸せにしたいと思っていた光だが、今は一人の女人だけを幸せにできればと思い直したことを中将に告げる。一方、沙織は、多元宇宙論の研究者であるフィリップ(厚切りジェイソン)からの電話を受け、光が源氏物語の世界に戻る方法を知るが…

引用元:いいね!光源氏くん公式サイト

 

スポンサーリンク


『いいね!光源氏くん』キャスト

千葉雄大さん主演の【いいね!光源氏くん】は主に6人の役者さんが出演しています。

以下は、キャストの紹介です。

光源氏:千葉雄大

物語の主人公を務めるのは千葉雄大さん。

千葉雄大さんが演じる「光源氏」は感動すると所構わず短歌を詠んでしまうという。

紫式部が書いた源氏物語の主人公。架空の人物で、平安時代の皇子の設定。その美しい容姿から世の人に「光の君」と呼ばれ数多の女性と恋愛を謳歌していたが、ある醜聞沙汰で都落ちするはめになり須磨へ向かう途中、現実の令和の世界へ次元ジャンプしてしまう。

引用元:https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/hikarugenji/html_hgk_cast.html

 

藤原沙織:伊藤沙莉

伊藤沙莉さんが演じるのは恋愛に対して奥手なOL役の藤原沙織。

メーカーの企画営業部に勤める一人暮らしのOL。恋愛に関しては、美人の妹に比べ自分は地味だと思い続けていて、自信が全くない。光のことを最初はただのコスプレーヤーだと思うが、彼の日々の言動から本物の光源氏ではないかと思い始める。

引用元:https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/hikarugenji/html_hgk_cast.html

 

中将:桐山漣

「源氏物語」に登場する光の義兄・中将役を演じるのは桐山漣さん。

源氏物語の登場人物で、光の義兄。当初は頭中将だが、のちに三位中将に官位が上がる。周りからちやほやされる光に対抗心を燃やし、光の恋の競争相手になろうとするが良き親友でもある。都落ちした光を励まそうと須磨へむかう途中、異変に遭遇する。

引用元:https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/hikarugenji/html_hgk_cast.html

 

藤原詩織:入山杏奈

伊藤沙莉さんが演じる藤原沙織の妹役・藤原詩織は、入山杏奈さんです。

沙織の妹で、美貌を生かしてキャバクラでバイトしている大学生。しっかり者の沙織にくらべ一見ちゃらんぽらんに見えるが、実は繊細な面もあり、恋に奥手な沙織を心配して何かと背中を押そうとする。

引用元:https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/hikarugenji/html_hgk_cast.html

 

カイン:神尾楓珠

藤原詩織の友人であり、ホスト役「カイン」を務めるのは神尾楓珠さん。

詩織の友人で、ホストクラブに勤めている。金持ちのボンボンでハリネズミのペットを飼いながら広い家に住んでいて、沙織の狭いマンションで対処しきれないところを手助けする。

引用元:https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/hikarugenji/html_hgk_cast.html

 

安倍課長:小手伸也

小手伸也さんは、藤原沙織の勤務先の上司役、安倍課長を務めています。

小手伸也さんが出演するというだけで、面白いドラマになること間違いないですね。

沙織の職場の上司。独身で婚活しているのでOLたちの恋愛談議に興味津々だが、中年の照れがあって、なかなか輪の中に入り込めずにいる。

引用元:https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/hikarugenji/html_hgk_cast.html

 

『いいね!光源氏くん』原作は?

よるドラ【いいね!光源氏くん】の原作は、ヤング向けの女性漫画雑誌「FEEL YOUNG」の連載中の同名人気コミック『いいね!光源氏くん』です。

原作者は、「えすとえむ」さん。

 

「えすとえむ」さんは、2006年に「ショーが跳ねたら逢いましょう」でデビューし、2012年には『うどんの女』が「このマンガがすごい!オンナ編」で3位になっています。

現在までに約19作品を手掛けています。

 

 

20代女性

感動すると短歌を読む光が絶妙で、原作は本当に面白いのでオススメです。

 

【いいね!光源氏くん】主題歌は岡崎体育さんの『二二二二二』!

「いいね!光源氏くん」,画像
いいね!光源氏くん(よるドラ)主題歌は岡崎体育【二二二二二】発売日&配信を調査

2020年4月4日から放送がスタートしたNHK総合のよるドラ【いいね!光源氏くん】。 主題歌を担当しているのは岡崎体育さんということでも話題に! ここでは、【いいね!光源氏くん】の主題歌『二二二二二』 ...

続きを見る

 

まとめ

千葉雄大さんが主演を務める、NHKよるドラ『いいね!光源氏くん』の再放送予定日や放送日、あらすじ・キャスト、原作などについてお伝えさせていただきました。

『いいね!光源氏くん』の再放送予定日は

毎週土曜・午前1時05分からです。

 

見逃してしまった場合は、U-NEXTでの動画配信を利用すると確実に【いいね!光源氏くん】を観ることができます。

>>U-NEXT公式サイト(31日間無料)

 

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お知らせ

本ページの情報は2020年4月時点のものです。 最新の配信状況は U-NEXT公式 サイトにてご確認ください

スポンサーリンク


-NHKドラマ, よるドラ
-, , , ,

© 2020 NHK DRAMA LIFE