cast
リオノア
ミランダ・オットー

世界を守る慈悲無き女王
天使長ミカエルの命で人間界に降臨したガーゴイルの女王。人知れず、日夜悪魔と戦いを繰り広げる。人類創造の答えを秘めたフランケンシュタインを悪魔の手に渡さないように見守ってきたが、極限の状態の中である非情な決断を下す。

17歳で出演した『Emma’s War』(86・未)以来オーストラリア国内で人気を博す。その後主演を務めた『ラブ・セレナーデ』(96)がカンヌ国際映画祭でカメラ・ドールを受賞し一躍世界的にも注目を集める。『ホワット・ライズ・ビニース』(00)でハリウッド進出し、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ(02、03)でエオウィン姫を演じる。その他の出演作は『シン・レッド・ライン』(98)、『ヒューマンネイチュア』(01)、『フライト・オブ・フェニックス』(04)、『宇宙戦争』(05)。近作では、トミー・リー・ジョーンズ共演の『The Homesman』(14)など。

 
CREDIT
 
©2013 LIONS GATE ENTERTAINMENT INC. All RIGHTS RESERVED  © 2013 LAKESHORE ENTERTAINMENT GROUP LLC AND LIONS GATE FILMS INC.